2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2016.11.21(Mon)

GTA Vice City Radio Stations [2002]

「GTAVCはラジオが最高だった」



中学時代、友達とやり込みまくったグランドセフトオート(GTAVC)。
ギャング・裏社会を再現した大ヒットゲームシリーズで、今も続編が出てます。
人殺したり、車で暴走したり、強盗したり、チートコードで戦車呼び出して街壊滅させたりw
やろうと思えば何でもやれる健全な洋ゲーです。所詮はゲームだから!

GTAシリーズは、フィールドで車やバイクに乗るとラジオが流れます。
もちろんゲーム専用の仮想音源なんですが、使われている曲が実在する洋楽で、
ジャンルレスに選曲されて、いくつかのラジオ局に分かれてます。
ラインナップが無限大で、恐らく100曲以上あったと思う。

バイスシティ(VC)の場合だと、舞台が1986年のアメリカ東海岸で、
時代設定に合わせて選曲されてるので、当時のヒット曲がノンストップで流れます。
ライセンス料とかどうしてんだろって感じですが、全てオリジナル音源。
ROCK/POP、HR/HM、NEWWAVE、R&B、AOR、RAP等、フリーダム感半端ない。

YOUTUBEでググると、ラジオ局ごとに纏めた音源動画が出てきますが、
VCの音源が断トツで再生数が高い。VCはラジオが最高!って言う人多いですよね。
プレイ当時は気付きませんでしたが、ラジオ局は全7局ある模様。
曲のリストはWIKIに載っていて、特に「Flash FM」のラインナップが豪華です。




マイケル、バグルス、ホール&オーツ、INXS、ブライアンアダムス、ELO等、
当時の大ヒット曲のオンパレード。下手な80'sコンピよりも秀逸です。
作業用BGMとしても最適。ホントにゲームの音源かコレ。
曲間のDJとか入り方もめっちゃクールで、現地のラジオっぽいです。

最新作だと、より本物っぽくなってるんじゃないでしょうか。




Flash FMと並んで人気高いのが「V-ROCK」。当時のHR/HM専門局です。
オジー、メイデン、プリースト、スレイヤー等、大物の名曲がズラリ。
メタル系はあまり知識無いので、とりあえず動画だけUP。




個人的にオススメしたいのが「Emotion 98.3」。AOR/バラード専門局です。
ノスタルジックなバイスシティの雰囲気に一番マッチしてる局だと思います。
フォリナー、ケイトブッシュ、ロキシー、TOTO等、センスよすぎるセレクト。
ミッションそっちのけで、ラジオ流しながらドライブするのが乙でした。

GTAVCは10年以上前のゲームですが、BGMはマジで神懸ってましたね。
VCのラジオから洋楽にハマった人もいるんじゃないかと。
ああ久しぶりにGTAやりたくなってきた。

スポンサーサイト
アニメ/ゲーム関連  |  EDIT  |  Top↑
2016.10.31(Mon)

U2 / The Joshua Tree [1987]

「洗練と熟成の名盤」

Joshua Tree

U2の超名盤ヨシュアツリー。洋楽好きなら大体持ってる名刺的アルバムです。
ミスチルのDISCOVERYのルーツが、このアルバムだってのは有名な話。
リリースは87年。時代に見合わない激渋サウンドにも関わらず、
アルバムは全英・全米1位を記録し、大ヒットしたらしい。

攻撃的な初期から一転し、アメリカンルーツに接近した80年代後半のU2。
80年代の安っぽさとは無縁の、シンプルな音像は全く古臭さを感じないし、
深みがありかつ何も付け足す必要が無い、洗練と熟成のロックです。
音質も最上級。昔のCDでも良いですが、出来ればリマスター盤買ったほうがいいです。

広大な砂漠を想起させる、荒涼としたサウンドがヨシュアツリーの魅力です。
荒野に一人立ち尽くすような、壮大なスケール。静寂の中に力強さを感じさせます。
前作「焔」と同じく、プロデュースはブライアンイーノダニエルラノワ
二人が生み出す独特の音響にのって、祈るようなボノの歌声が響き渡る。

最初の流れが全てといわれるほど、このアルバムは最初の3曲が神懸ってます。
約束の地~終わりなき旅~WITH OR WITHOUT YOU。
でもこの3曲だけじゃなく、穏やかな後半も味あって俺は好きです。
ロックというよりはゴスペルを強く感じる、癒しと安息の世界が待ってます。




破格の名曲、WITH OR WITHOUT YOU。今聴いてもシビレルわー。
個人的マイフェイバリットは、7曲目のIN GOD'S COUNTRY
哀愁メロディとエッジのギターが沁みる隠れ名曲です。

なんだろう。このアルバムって、一曲一曲の強度が半端じゃない。
強度があればあるほど、初見だと良さがわからないものが多い気がするが、
それでも、何度も聴くうち時とともに熟成していく。
ヨシュアツリーは正にそんな感じのアルバム。ロック好きはマストです。

名盤![★★★★★]

U2  |  EDIT  |  Top↑
2016.10.29(Sat)

凛として時雨 / #4 [2005]

「鮮やかな、夏の終わりの記憶」

P1140015 (2)

信じられないんだ。時雨が今も活動してることに。
信じられないんだ。時雨が今、ワールドワイドなバンドになってることに。
10年前、時雨を聴いてる人なんて、クラスに俺一人を除いて誰もいなかった。
まさか時雨がMステに出るなんて、当時は想像もしなかったさ。

2005年リリース、凛として時雨の1stアルバムです。
#4からjust A momentの頃まで、リアルタイムで追っかけてましたが、
やっぱり#4の衝撃に勝るモノはないと思ってます。普通に名盤だと思う。
初期衝動、楽曲のインパクト、荒々しさ、どれもこれもカッコいい!

#4は処女作なだけに、後のアルバムと比べるとかなり荒々しいです。
聴きやすさや完成度の面では、just A momentやstill a Sigure virgin?だろうし、
#4の荒々しさを洗練させたのがInspiration is DEADだと思う。
しかし、#4の荒削りなカオスっぷりが好きだって人も多いはず。

時雨って基本的に駄作無しなので、どれも捨て曲無しの傑作です。
鮮やかな殺人、テレキャスターの真実、Sadistic Summer。この3曲に尽きる。
TK主導のAcousticは個人的に好きな一曲。あとはO.F.Tとかもめっちゃ好きだった。
初めてTK in the 夕景を聴いたときは、頭がどうにかなりそうになりました。




何もかもが異常で、カオスで、ヤバイ。そんな初期時雨の魅力が#4には詰ってます。
ここからFeeling your UFO、Inspiration is DEADとステップアップしていけば、
あなたも立派な時雨中毒者です。

全てを切り裂かれた夏の終わり、鮮やかな殺人を初めて聴いたときの記憶。
リアルタイムで#4に勝る衝撃作品はありませんでした。マジで。
TK&345のツインシャウト、3ピースとは思えない"音"。
リリースから10年経った今も、#4は俺のCD棚に生き続けてます。

傑作![★★★★★]

J-POP/J-ROCK  |  EDIT  |  Top↑
2016.10.28(Fri)

ACIDMAN / Loop [2003]

「超える、衝動と共に」

DISCOVERY

最近洋楽はそっちのけで、ティーンエイジの頃に夢中だった邦楽を聴き直してます。
ACIDMANが20周年を迎えたと知り、10年ぶりにLOOPを聴き直したら、
3ピースとは思えない世界観にブッとんだ。
こんなぶっ飛んだロックを、中学の頃に聴き狂ってたのかと思うと……!

後にお洒落になっていったACIDMAN。俺は初期の荒削りなサウンドが大好きでした。
特にLOOPはお気に入りの一枚。創~GREEN CHORDは駄作無しですが、
このアルバムが一番激しくストイックでカッコいいです。
EQUALと甲乙付け難いけど、個人的に一枚選ぶとしたらLOOPかなー。

壮大な詩世界、静と動の緊張感、何処までも行ってしまいそうな轟音、グルーヴ。
唯一無二のバンドなので、とにかく聴いてみてくれとしかいえません。
EQUALで見せ始めた世界観の片鱗が、AND WORLDへリンクしてる印象ですが、
LOOPはそういった混じりっ気を感じない。コアな作品だと思います。

日々を暴け!と叫ぶTYPE Aから名曲飛行まで、ノンストップで疾走。
中盤以降は実験的でディープなトラックを挟み、静かなる終盤へ。
前半のアツいキラーチューンも最高ですが、
俺は16185-0~0~SWAYEDの流れが好きでした。当時からずっと。




AND WORLD以降の、静を主体にしたバラード(季節の灯とか)も好きだ。
でもやっぱり俺は、LOOP初体験の愛着を捨て切れない。
完成度で言えばEQUALだと思うし、初めて聴くにも向いてますが、
コアなロックを志向する方は、最初にLOOPを聴くことをオススメします。

限界を感じさせないイレギュラーな存在感。間違いなく、傑作。
何度も聴くうちに、大きな流れを感じるようになります。
久しぶりにACIDMAN全部聴き直してみようかな……!

傑作![★★★★★]

J-POP/J-ROCK  |  EDIT  |  Top↑
2016.10.16(Sun)

Mr.Children / DISCOVERY [1999]

「ロックなミスチルといえばコレ」

DISCOVERY

中学の頃、ミスチルにぞっこんだったと噂のブログ主。
現在18枚に達したラインナップの中でも、俺が好きだったアルバムは、
専ら深海とDISCOVERY。次点でIt's a wonderful worldとI♥U。
SENSE以降はまだ聴いてませんが、やっぱりこの4枚が好きです。

ミスチルといえば、誰もが知るメジャーな存在ですが、
90年代後半にセールスを無視したロックアルバムをリリースしてます。
その一つがDISCOVERY。桜井さんが精神的に苦しんでた時期といわれ、
今のミスチルには考えられないほどダークでアングラな内容になってます。

名盤「深海」とBOLEROリリース後、1年休養から復活してのリリース。
大曲主体でハードボイルドな楽曲群は、一般層を全く受け付けませんが、
虚飾を排した歌詞とロックサウンドがリスナーの心を打ち抜く。
孤独、自我、喪失、迷走といったキーワードが浮かんできます。

桜井さんが苦しそうに叫ぶ表題曲から始まり、前半は欝でドライな展開。
中でもPRISMはひたすら痛烈で切なく、マイフェイバリット曲です。
過激でブラックな「ニシエヒガシエ」、当時勇気付けられたI'LL BE。
そして、圧巻の大ヒット曲「終わりなき旅」でクライマックスへ……!




迷走の先にも希望がある。そんな傑作アルバム。
レディへやU2(ヨシュアツリー)の影響が強く、UK好きにオススメです。
魂売ってるとしか思えない、ゴツゴツしたロックナンバーの数々。
今聴くと歌詞が想像以上に生々しくて、ちょっと怖くなりました。

30代のロックな先輩曰く……、
深海とDISCOVERY好きな人が最終的に行き着くのはQだそうです(笑)

[★★★★★]

J-POP/J-ROCK  |  EDIT  |  Top↑
2016.10.08(Sat)

The La's / The La's [1990]

「THERE SHE GOESが美しすぎる」



最近、雨ばっかでホント憂鬱だ。秋ってこんなに雨の日多かったっけ??
秋雨前線にウンザリする中、俺は久しぶりにラーズを聴いていた。
久しぶりにラーズを聴いたときの安定感といったらないね!

UKリヴァプール出身、ラーズの1stアルバムです。
音楽雑誌に載ってる名盤を雑多に漁るという、不純な動機で6年前に購入。
アルバムは90年にコレ一枚しか出してないらしく、
コレ一枚だけが歴史的名盤になってるという伝説のバンドです。

実際聴いてみると、嘘みたいにシンプルなギターポップだった。
UKよりも60年代ブリティッシュロックを強く感じる、程よいビート感に、
ガラス細工をそのまま音にしたような、美しいメロディ。
初期フーとかキンクス好きが一発でハマりそうな要素がムンムンです。

ネオアコ界隈で取り上げられることが多いアルバムですが、
どちらかというとブリティッシュロックのど真ん中だと思います。
サウンドはアコースティックの生々しさに徹していて、
とてもローゼスやマイブラが同居してたシーンの作品とは思えない……!
彼らは当時、シンプルにして孤高の存在だったのかもしれません。




このアルバムには、THERE SHE GOESという超名曲が入ってます。
星の数あるギターポップの中でも、コレほど完璧な曲ってあっただろうか。
この曲は、国内盤のみ収録のシングルバージョンがオススメ。
アルバムバージョンよりも(ちょっと)キラキラしてて最高なんです。中古で是非。

捨て曲無しの名盤。個人的にはDOLEDRUMの心地よいグルーヴが好き。
雨上がりの朝にふさわしいタイムレス名盤がここに。

名盤![★★★★★]

ネオアコ/シューゲイザー  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。